メイン掲示板@娘。楽宴

※掲示板への書き込みはたくさんの方の目に触れます。
※人に読んでもらう事を意識して書き込みするように心がけてください。

※ID(名前)が消えてしまった方へ【元の状態に戻す方法】
初めに登録した時のIDとパスワードでもう一度
「※メンバー登録」を行なってください。よろしくお願いします。


  • メイン板に来られた方はメイン板利用ガイドをお読みください。
      利用ガイドのルールを守ったご利用をお願いします。
  • 書き込みの内容は基本的にモーニング娘。ハロプロ(卒業生も含む)、ソニンの話題でお願いします。
  • 掲示板の秩序を著しく乱すような書き込み(不愉快にさせる)やそのレスは予告なく削除いたします。
  • 削除対象の書き込みには反応しないでください。削除願いはサブ板にご連絡ください。
  • まだ終了していないライブやイベントのネタバレは禁止です!
  • ライブやイベント観覧等のレポートは「現場の声」でお願いします。
  • メイン板ではTV/ラジオの実況書き込みは禁止します。
  • ラジオ実況はスレッド板の専用スレッドでお願いします。
  • 匿名、匿名希望、名無し、捨てHNなどでの書き込みは禁止します。

  • 質問のみの書き込みはスレッド板の【ハロプロ質問統一スレ】でお願いします。
    携帯用アドレス:http://rakuen3.sakura.ne.jp/blog/moblog.cgi
    →アドレスを携帯に送る

    ※バナーデザイン:やすさん(シャボン☆ストアー
  • 後藤真希の記事 >>

    少女聖戦歌劇 我らジャンヌ

    by the☆pink

    ・ゲキハロ
    2006年第1回、Berryz工房主演「江戸から着信!?〜タイムスリップto圏外!」
    から始まった劇団ゲキハロは観客動員10万人の目的を達成し
    2013年9月23日にBerryzとスマイレージ主演、第13回公演「我らジャンヌ〜少女聖戦歌劇〜」でその役割を終えました。

    まったく舞台に興味がなく初めて自分で見に行ったのがゲキハロ。
    大阪で公演をするようになったサンクユーベリーベリーから観劇しています。
    「ごがくゆう」や「シュガースポット」などを含めると結構見に行ったなと感慨深い。
    まさかステーシーズの舞台を見る為に東京まで行くようになるとは思いませんでした。
    舞台の面白さを教えてくれたゲキハロに感謝です。

    さて自分は大阪公演22日のマーブル公演だけ観劇。
    処刑されたジャンヌダルクとジャンヌの幻影に導かれ解放軍のシンボルになる少女ジジを菅谷梨沙子と和田彩花のふたりが主演。
    東京公演を経ているとはいえBerryz工房、スマイレージメンバーの成長に驚かされました。普段コンサートやイベントで見ているより歌も上手く感じた。

    「それとジャンヌって、僕はアイドルの走りだと思うんです。
    10代の女の子が多くの兵を率いて敵と戦う軍事的な能力に秀でていたとは思えないし、
    たぶん「この変わった娘を戦いのシンボルに利用しよう」という、プロデューサー的な人がいたんじゃないかなと。
    それが現在、アイドルとして生きる彼女たちと、境遇や生き様が重なるのでは・・・という狙いもあります。
    しかもジャンヌは19歳で処刑されてるから、年齢的にも彼女たちと同世代だし。」

    「あと彼女たちのようなアイドルの子たちって、ジャンヌと同じような制約やリスクの中で生きていると思うんですよ。
    何かしでかしたら・・・もちろん火あぶりにはされないけど(笑)
    他の同世代の子たちと比べると、明らかに大きな制約を受けてしまう。
    そんなリスクを背負いながらも、アイドルという生き方を選んでいるという、その部分もシンクロさせていきたいです。」
    (脚本 末満健一 パンフレットより)

    梨沙子とあやちょはふたりとも19歳。
    現実のアイドルと舞台作品をクロスさせた作品。
    冒頭、異端者として火あぶりにされるジャンヌが民衆を見て哀れみます。
    千秋楽9月23日は後藤真希さん28歳の誕生日でもありました。

    >神様、
    >無事に終わりました。
    >ありがとうございました。
    >悲しいので、
    >台本を開くことができません。

    >バイバイ

    和田彩花
    http://ameblo.jp/wadaayaka/entry-11620061244.html


    求めていることと望むことの温度差

    by KAIXA

    ちょっと古い話ですが、

    12期オーディションは該当者なしとのこと。

    つんく♂プロデューサーが言うには、

    「即戦力レベルがいなかった」とのこと。

    それだけ今のモーニング娘。の

    ハードルが高いと、いうことなのでしょうけど、

    それって「今のウチは育てる力がない」、

    か、「今のウチには育てる余裕がありません」と、

    とってしまう私はひねくれてるのでしょうか?

    まあ、今の娘。のセールスポイントのフォーメーションダンスを

    はじめとするパフォーマンスをモノにしようとしたら、

    努力だけではどうにもならないこともあるのでしょうが、

    ダメダメな劣等生が、精進を重ねて成長していく様を

    見守っていくというアイドルファンの楽しみが無くなるのは

    ちょっとアレなのではないかなと、思ってしまう。

    要するに今の、いや、これからのモーニング娘。、ハロプロに必要なのは

    安倍なつみ、後藤真希、松浦亜弥、高橋愛で、


    石川梨華、紺野あさ美、道重さゆみはいらないと、

    いうことなのでしょうか?


    後藤真希 G-Emotion FINAL その後

    by the☆pink

    モーニング娘。のエースは最高のソロアーティストでもあった

    エース級のアイドルを優れたライブ製作能力で演出するととんでもないものが生まれた瞬間に立ち会えた
    力強さと華があって可愛さもちりばめたエンターテイメント
    活動休止の人がするコンサートとはとても思えない未来を感じた。

    アイドルかアーティストなのかという昔からのくだらない禅問答の答えをごっちんが簡単に解決。
    アイドル時代を否定することなく全てを受け入れ、移籍後の後藤真希の全てを表現した素晴らしいコンサートでした。
    エイベックス移籍後の曲で固めても問題ないしそれが普通だけど
    ハロプロ時代の曲を入れたり、娘。OGをステージに上げて一緒に歌った演出。
    このコンサートは後藤真希自身が見たい後藤真希というコンセプトで
    セットリストや演出も後藤の考えを尊重している。
    最後までファンを喜ばせる事を忘れられない下町の江戸っ子姉ちゃん。
    「Queen Bee」 からの「スクランブル」のつなぎは震えました。

    チケットの引きが良くて夜は2階スタンドでしたが
    昼は花道円形の最前ということもあり、あれだけのものを見てしまったら
    今後コンサートで感動できるのだろうかというのが今の心配です。

    モーニング娘。が集団アイドルのテキストだとしたら、
    後藤真希はアイドル出身のソロアーティストのお手本を示した
    ごっちんに憧れて芸能の世界に入ったハロメンだけでなくその他大勢の人も見て欲しい最高の時間でした。

    追記:
    愛ちゃん卒コンも女性が多かったですが、後藤ファイナルはそれ以上に感じました。
    ごっちんより年下くらいの女の子もいたり、
    キッズダンサーの家族や従来の安心できるファン層もいて現場はカオスでした。


    ドキッ!リーダーだらけの武道館

    by the☆pink

    黄色のサイリウムを持っていかなかった事をこんなに後悔した日はない
    愛ちゃん以来の武道館。
    2階V列南西だったので会場全体見えましたが最後尾は立ち見でほぼ満席
    つんくさんが自身で歌うシャイニングバタフライで登場した時は
    OG現娘。合併か!?と一瞬、思いましたが無くてよかったです。
    タンポポ(初期+石川梨華)とプッチモニ(2期オリジナル)の前には
    現娘。もただの後輩になります。
    新曲ともう1曲、ピョコトラ、まじスカ系をやればもっと印象に残ったかなと思います。
    今回はゲストということだったのでI WISHと恋レボでごっちんいないし
    抱いてHOLD ON MEも石黒さんが参加していません。
    現娘。ガキさんさゆれいなが絡める曲も競演無しで残念でしたが
    ごっちんが二つ結びで登場したらそりゃ大満足です
    個人的には小春が司会で910期との絡みが見たい。

    ファイナル1公演なので全力ということもあるのですが
    後半20分以上も休みなしで歌って踊るOGの力を見せ付けられました
    今は色んなアイドルユニットが活躍していますが10代は19歳の小春だけ
    最年長38歳で30代前後が中心メンバーになった時に
    これだけ歌って踊れるグループがいるのか?と思います。
    帰りに武道館の正面でバスの案内をしている人がいてバスツアー?
    ニュースを見ると被災地の方を招待してたみたいですね。


    One Vision

    by ミサゴ

    G-Emotion FINAL 〜for you〜 本当に素晴らしいコンサートでした。
    ごっちんの持てる力のすべてを出し切った濃密な内容に圧倒されっぱなし。
    豪華な衣装、演出を背負いきるごっちんは最高に格好良かった!

    開演を告げるあの曲、そう!
    QUEENのOne Visionが会場に鳴り響いた瞬間、かつてのごっちん紺での
    楽しかった思い出が猛スピードでフラッシュバックして・・・。
    突然のハロ脱退を発表した2007/10/28の大宮公演以来、
    次にごっちんを生で観るのはちゃんとしたワンマンでのコンサートにしよう!
    とか決め込んでイベントやa-nationはスルーしてきた自分にとっては、
    実に4年ぶりの生ごっちんだった訳で、コンサートが始まる前はちょっと
    腰が引けていたところもあったのですが、1曲目に歌われた「宝石」での、
    凄みすら感じさせる力強い歌声に涙腺が早くも大決壊・・・。
    そこから次々と繰り出される強烈なダンスパフォーマンス、
    スタンド席にいても熱気を感じるほどの火柱が何本もあがったりする
    ダイナミックな演出などとにかく気合入りまくりのステージに魅了されっぱなし。
    色々考えて頭でっかちになっていた自分が馬鹿みたいに思えましたよ。

    ハロ時代の楽曲の取り入れ方がまた実に見事でした。
    より現在のごっちんにフィットするように大胆にアレンジされた「ガラスのパンプス」
    はほんの序の口。「Queen Bee with BIGGA RAIJI」からまさかの「スクランブル」
    への繋ぎ方が実に自然で上手でしたね〜。「Queen Bee with BIGGA RAIJI」を
    あえてハードな演出にせず、蜂をイメージした衣装を着た大勢のちびっこダンサーを
    導入することによって客席を和ませておいてからってのがね〜。
    最後の最後の締めが「盛り上がるしかないでしょ!」ってのもね、もうなんだか
    幸せすぎてこのまま天に召されるんじゃないかと思っちゃいましたよw
    あのコール&レスポンスを再びできる日が来るなんて!
    一旦退場して、もうさすがに終わりだよね?と思わせておいてからってのがまた。
    ごっちんらしい茶目っ気を感じさせるやりかたで素敵でした。
    昔のツアーファイナルでクマの着ぐるみを着てファンを大喜びさせてくれたことを
    思い出したりもしました。そういうとこ、変わってないんだよなあ。

    これだけのパフォーマンスができる人がもう二度とステージに立たない、
    なんてことは絶対に信じられないので、次回のコンサートを楽しみに待ちたいと思います。
    ごっちん、その気になったらでいいから、いつでも戻ってきてね。
    ありがとう。


    >>





    RSS

    Ringworld
    RingBlog v3.10k